耐震診断無料

住まいの耐震性に不安を感じたらまずは専門家による耐震診断を受けることをおすすめします。

定期的に診断することで、どの箇所がどれだけ劣化していて、いつごろメンテナンスが必要なのかといった状況を正しく把握することができます。

耐震診断は何をするの?

「一般診断」では建築士が建物の耐震性を目視でわかる範囲のみ調査し、耐震補強が必要かどうかを判断します。

また図面で壁に筋かいが入っているかなど調査した結果を基に耐震強度を計算して診断書を作成します。

問題がなければ補強する必要はなく安心できます。大地震に備えて被害を防ぐために診断をきちんと行っておきましょう。

耐震診断の評価

耐震診断の結果は上部構造評点=保有耐力/必要耐力の数値を算出して以下のように判定します。

主婦たち・女性たちの声から生まれたハウスビューティーの耐震リフォーム

大手ホームセンター御用達のハウスビューティーは、主婦たちの不安の声から企画したこれからの災害に備えた家のあり方をご提案しています。 火災保険や地震保険の利用方法や、安心の家リフォームなど、無料の耐震診断で査定いたします!

地震大国といわれる日本。メディアでは大地震の可能性について取り沙汰され、政府でも「 今後30年以内に震度七クラスの地震が70%程度の確率で首都圏に発生する可能性がある」と推定しています。 30年以内といっても、それは1年後かもしれないし、1週間後、あるいは明日かもしれません。

いつ大きな地震が起きてもおかしくない一方で、地震対策がしっかり出来ている家があまりに少ないのが現状です。 東京大学木質構造研究会の専門家の先生によると「今の住宅の8~9割は耐震性に問題がある」とのこと。あなたが住んでいる家は、大丈夫ですか?

耐震と美しさの両方を実現する「タイルde耐震ビューティー」を中心に、木造建築物の外壁リフォームを手がけるハウスビューティー。 家族と家のためにできることを、真剣 に考えてみませんか?

木造2階建て住宅の8割が耐震強度不足というのをご存知でしょうか?

おそらく多くの方がこの事実に驚かれると思いますが、これは本当です。木造二階建て住宅は、構造計算(耐震強度計算)がされていません。 東日本大震災の影響などで、外見には問題がなくても、見えない部分に何かしらのダメージを受けている可能性が大いにあります。

平成七年の阪神・淡路大震災のとき、昭和五六年以前の古い基準で建築された建物にはとくに大きな被害が見られました。しかし、それ以降の住宅だからといって安心はできません

耐震基準は二〇〇〇年にも改正されており、それ以前の建物は、構造材の接合部が金物補強ではなく「くぎ」程度のものが多いのです。つまり、耐震性が十分でないことが考えられるのです。

ちなみに阪神・淡路大震災では、地震による直接的な原因での死者数は約五五五〇人、そのうちの約九割が住宅・建築物の倒壊等による圧迫死でした。 地震が起きた時、実際に自分や家族の命を奪う大きな原因となるのは、今住んでいる家なのです。

あなたと家族、そして家を守れるのは、あなた本人だけ。まずはぜひ、耐震診断をしてみませんか?

耐震診断は〝家の健康診断〟であり、まだ健康に見える今だからこそ、やる意味があります。おそらく末期ガンのような状態になってしまっている家も少なくないでしょう。 しかし幸い、末期ガンであっても、家の場合は潰れてさえいなければ直せます。

地震が起きて何もかもが手遅れになってしまう前に、ぜひ家の健康診断をして、将来の不安と危険から家族を守りませんか?

ハウスビューティーは、「ご自分の家が地震に耐えられる状態か、危険性がどの程度潜んでいる のかを把握されていない方が本当に多い。 まずは耐震診断で家の状態を知ってほしい」。それが私たちの願いです。