省エネ・節電

断熱材が施工されていない住宅は、熱が壁に伝わって室内の温度が上がってしまいます。 そうすると過ごしにくくなるだけでなく、エアコンの効きも悪くなってしまい、冷房費がかさむ原因にもなります。

なぜ「省エネ」「節電」できるの?

ハウスビューティーのタイルリフォームは下地に「断熱プレート」を使います。 建物が受ける熱を室内に伝えにくくし、長期に渡って断熱性・気密性に優れた快適な住宅を実現します。

夏涼しく冬暖かい「ウレタン断熱プレート」

ウレタン断熱プレートは15mmの厚さなので断熱効果は抜群です。 またガルバニウム鋼板は断熱性、耐熱性にも優れています。太陽光を反射しやすく、表面温度が高くなりにくいので夏は室内にいても涼しさを体感できるようになります。

冷暖房費の削減

冬は暖房で暖めた空気が逃げない蓄熱効果と、厚い断熱材によって室内の空気が外気に冷やされにくくなります。 夏は日射による熱を遮断することでエアコンの温度を上げても室内は涼しく快適になります。 その結果これまでかかっていた冷暖房使用量の削減、CO2排出削減にもつながります。 また室内間の温度差が少ないため高齢者に多いヒートショックやコールドショックの低減にも効果があります。

内部結露の抑制

壁内や床下などの目に見えない所で発生する内部結露を長期間放置しておくと、カビ・ダニの発生、鉄筋のサビ、土台の腐食、シロアリの食害などが建物の寿命を大きく縮める原因となります。 内部結露は室内の暖かい空気が壁紙を通って外に流れて行くとき、外の空気に冷やされた水蒸気がぶつかって発生します。 弊社の「ウレタン断熱プレート」は、外からの寒気を遮断するため結露の発生を抑制する効果があります。 また通気見切縁を軒裏に取り付けて空気の通り道を作ることで、水蒸気を外に排気して結露を防止します。